fc2ブログ
日々ぬ。 ホーム »
最近の記事

モスクワカヌ2022  

書くお仕事、募集中
舞台の脚本以外にも、広範囲に「書く」お仕事いたします。
委細応相談。
お問い合わせやご依頼は、yugi.mw@gmail.comまで。

これまでの上演履歴やプロフィール→
https://mosukuwakanu.hatenablog.com/entry/n571c0f021f6e

台本公開中→モスクワ書庫



2022年の予定

2022年3月26日(土)
かながわ短編演劇アワード2022@KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ
戯曲コンペティション 公開審査会
『A home in the end of this world.』

2022年7月2日(土)
森田学Musical&Live ~一人芝居と音楽ライブ~@VOX - MIX BAR
『注文の多い宮沢賢治』
脚本:モスクワカヌ 音楽:伊藤靖浩 演出:赤澤ムック


【脚本参加】
第15回関西クィア映画祭の国内作品コンペティション上映作品
『いつかのいま。』
監督:山田瑛瑠
脚本:モスクワカヌ



モスクワカヌ脚本/西村俊彦出演 一人芝居「コカ・コーラ・ソルジャー」
Youtubeにて映像公開中
映像はこちらから→http://youtu.be/KfxFiNznPL0

ラジオ出演&ラジオドラマ書き下ろし
夢かな放送局
2014年10月27日配信 vol59
パーソナリティ:滝沢じゅん 西脇圭 ゲスト出演:辻村優子 モスクワカヌ

2014年11月3日配信 vol60
ラジオドラマ「告白」(約10分) 出演:滝沢じゅん 西脇圭 辻村優子

2016年8月15日配信 vol60
ラジオドラマ「通り雨」(約10分) 出演:滝沢じゅん 西脇圭 山本詩織 

門真国際映画祭2021 一次審査通過
『コクーン』『遠い星の話』『白くなる日々』『未知とオレとのささやかな遭遇』『私が最後に見た父の顔は青空だった、なんて』

スポンサーサイト



category: 2022

tb: 0   cm: 0

10月公演リーディングミュージカル『KillerQueens!』稽古が始まりました!  

10月公演リーディングミュージカル『KillerQueens!』、稽古が始まりました!

稽古始めは歌稽古を中心にしたスケジュールですが、出演者の皆様の歌と曲から、すでに各キャラクター達が立ち上がってきていて、稽古場にいる時点で上演を前にしているかのようにワクワクしております。

深紅の天鵞絨(ビロード)の桟敷が見えるかのような大田翔さんの第一声。

神由紀子さんの、血の伯爵夫人も納得の堂々たる歌声と佇まい。

暗殺の天使役、関森絵美さんの天上の清廉さが溢れる高音。

硬質で切れ味の鋭い、どこか脆さも思わせるマス・マーダラー役、露詰茉悠さんの叫び。

場のかっさらい力のすごい伊藤昌子さんの最の高の魔女っぷり。

『人間の条件』でご一緒して以来、安心と信頼の小見美幸さんの魅力的な毒婦。

中谷弥生さん演じる「モンスター」の、地を揺らすようなバラード。

竹内真里さん演じるボニー・パーカーの、ハッピーさと切なさのマリアージュが絶妙な歌声。

岡田あがささんの歌う歌詞の「〇と〇と〇」(ネタバレになるので内容は劇場で…!)に心が震えます。

現在『稲川怪談』にご出演中の角島美緒さんの合流もとても楽しみです。

全12曲。
いずれも本当に名曲ぞろいで、稽古初日には作曲の伊藤靖浩さんも歌稽古に参加してくださいました。



(右から、作曲の伊藤靖浩さん。演出の赤澤ムックさん。音楽監督とピアノ、歌唱指導の三橋美笛さん、脚本のモスクワカヌ)

ここからさらにさらによい舞台をお客様にお届けすべく、稽古を重ねてまいります。

是非劇場で、配信で、『KillerQueens!』の上演をご観劇頂ければ幸いです。

劇団劇作家10月公演
リーディングミュージカル
『Killer Queens!』

【ストーリー】
伝説のシリアルキラー、切り裂きジャックとならびたつ女性キラー「KillerQueen」の座をかけて、「マスター」を名乗る謎の司会者のもと、コンテストに集った8人の女性殺人者たち。
はたして「KillerQueen」の座は誰の手に…?
シリアルキラーズ×シスターフッドストーリー!!

【脚本】モスクワカヌ(劇団劇作家)
【演出】赤澤ムック
【音楽】伊藤靖浩

【会場】
TACCS1179
〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9
西武新宿線 下落合駅下車 北口から徒歩約3分
※本公演の会場は地下にあり、エレベーター等の設備がございません。大変申し訳ありませんが、車いすでのご入場が難しい旨あらかじめご了承ください。

【日時】
2022年10月14日(金)~16日(日)
10/14(金) 19:00
10/15(土) 14:00/19:00
10/16(日) 11:30/16:00
※開場は開演の30分前です。

【チケット】全席自由
一般   4,000円
学生U-18 2,000円
障がい者割引 2,000円
配信チケット 1,500円

【チケット予約フォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/killer_queens?m=0acieig
(モスクワカヌ扱い)


※学生U-18は、学生の方、18歳以下の方のための割引チケットです。当日受付にて学生証か、年齢を確認できるものをご提示ください。
※障がい者割引は、障がい者手帳(身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳)をお持ちの方にお求めいただけるチケットです。当日受付にて障がい者手帳をご提示ください。

【ライブ配信について】
■日時
2022年10月16日(日) 11:30

■アーカイブ販売期間
2022年10月30日(土) 23:00まで

■アーカイブ視聴期間
2022年10月31日(日) 23:55まで

ライブ配信チケット購入はこちらから
https://musicalkillerqueens.peatix.com/

【CAST】
伊藤 昌子
大田 翔
岡田 あがさ
小見 美幸
角島 美緒
神 由紀子(朱の会)
関森 絵美
竹内 真里
露詰 茉悠
中谷 弥生
(五十音順)

【お知らせ】
本公演は感染症対策の観点から、ご来場頂くお客様に以下の事項をお願いしております。
おそれいりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

・入館される際、検温を実施いたします。検温にて 37.5℃ 以上の発熱が見られる方につきましては劇場内へのご入場をお断り致します。
・公演中に激しい咳や発熱など感染の疑いのあるお客様が発生した場合には、ご退席頂きます。
・ご来場の際には不織布マスク着用でお願い致します。
・入り口にアルコール除菌スプレーを設置し、除菌にご協力頂きます。
・受付やトイレなどに並ぶ場合には、できる限り間隔を開けてお並び下さい。
・出演者への差し入れ・プレゼントは受け付けておりません。
・終演後の出演者・スタッフとのご面会はできません。 

【その他】
今回使用する劇場は、ロビーから客席までの移動手段が階段のみとなります。
そのため、大変恐れ入りますが、車椅子でのご入場が難しい旨、あらかじめご了承くださいませ。
ご観劇に際して、お問い合わせやご不明な点等ありましたらご相談ください。











category: KillerQueens!

tb: 0   cm: 0

【まもなく初日!】劇作家女子会。一人芝居レパートリー、上演!  

朝晩涼しくなってきて、秋ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私が所属しております劇作家女子会。が、久しぶりに演劇の公演を行います!

コロナの影響もあり、なかなか演劇公演が難しかったここ数年。
昨年は展示会と映像の上演を行いましたが、演劇公演は本当に久しぶりです。

今回は、一人芝居レパートリーと題して、坂本鈴とオノマリコの一人芝居を連続上演いたします。

坂本鈴が作・演出をつとめる『もしもし』は、2020年に台湾の演劇祭で上演を予定していたものの、コロナ禍により叶わなかった一人芝居です。
劇団山の手事情社の中川佐織さんを主演に迎えて国内で上演を重ねてまいりましたが、満を持して劇作家女子会。で上演いたします。

娘道成寺の古典作品が、平成から令和の現代を生きる女性の人生と奇妙に重なり合う本作。
タイトルの『もしもし』というキーワードが、出会うべくのない2人を繋ぎ、絡ませていく展開が見事です。

オノマリコが作・演出をつとめる『とみこのむすこ』は、約7年ぶりの再演。
出演は、初演の時と同じく浅見臣樹((劇)ヤリナゲ)さんが努めます。

浅見さんの自叙伝のようにも見える一人芝居。
「お母さん、俺妊娠した」という1本の電話から始まる、重みのあるような軽やかなような家族のストーリーは、物語を書く作家と物語をもつ俳優の素敵なマリアージュ作品です。

芸術の秋に、ぜひご覧頂きたい私達の一人芝居レパートリー。
是非ご観劇くださいませ。
皆様のご来場をお待ちしております。

ご予約はこちらから→
https://www.quartet-online.net/ticket/moshimoshitomiko



劇作家女子会。一人芝居レパートリー 

『もしもし』(作:坂本鈴)
『とみこのむすこ』(作:オノマリコ)

■演目
『もしもし』(上演時間 約60分)
作・演出:坂本鈴
出演:中川佐織(劇団山の手事情社)



『とみこのむすこ』(上演時間 約30分)
作・演出:オノマリコ
出演:浅見臣樹((劇)ヤリナゲ)




■タイムテーブル
9月27日(火)16:00☆/20:00
9月28日(水)12:00/16:00
※『もしもし』、『とみこのむすこ』の2本を連続上演致します。
※受付開始は開演の30分前、開場は開演の20分前です。
※9月27日(火)16:00の回はプレビューとして上演致します。


■チケット
プレビュー(9月27日16:00の回):3000円
一般チケット:3500円
U-22チケット:1000円
※U-22チケットは22歳以下の方のための割引チケットです。当日受付にて身分証をご提示ください。

■チケットお申し込み
カルテット・オンラインにてチケットを販売しております。
下記サイトにて、支払い方法を選択ののち、お名前、電話番号、メールアドレスをご入力ください。

https://www.quartet-online.net/ticket/moshimoshitomiko

※車椅子でお越しの方は、チケット申し込み時に備考欄にその旨お書きください。
※聴覚障害をお持ちの方には、事前に台本データをお送りいたします。チケット申し込み時にお知らせください。


■会場
STスポット
横浜市西区北幸1-11-15横浜STビルB1F
(JR・東急線・みなとみらい線・京急線・相鉄線・横浜市営地下鉄、各横浜駅西口から徒歩8分)



■お客様へのお願い
・会場内はマスクの着用をお願いしております。
・37.5以上の発熱や、体調不良、風邪の症状のある方はご来場をお控えください。
・新型コロナウイルス感染拡大防止のためのお客様へのお願い、公演の最新情報は、公式webサイト(https://gsjoshikai.tumblr.com)にてご案内いたします。ご来場前に必ずご確認ください。

■STAFF
舞台監督:稲元洋平
照明:黒太剛亮(黒猿)
音響:斉木和洋(劇団山の手事情社)
映像:佐藤茉優花、タナバタカナリア
宣伝美術:結城真央(あまい洋々)
『もしもし』脚本協力:矢戸優太郎
協力:あまい洋々、黒猿、劇団劇作家、劇団だるめしあん、劇団山の手事情社、(劇)ヤリナゲ、趣向
制作・主催:劇作家女子会。


■お問い合わせ
劇作家女子会。
TEL:090-7192-6310
MAIL:gekisakujoshi@gmail.com
HP:https://gsjoshikai.tumblr.com




category: 劇作家女子会。

tb: 0   cm: 0

【お知らせ】第15回関西クィア映画祭『いつかのいま。』上映【脚本参加】  

第15回関西クィア映画祭の国内作品コンペティションにて、私が脚本で参加した短編映画『いつかのいま。』が上映されます。

嬉しいお誘いを頂きチャレンジした映画脚本。
スタッフキャストとして企画に参加した皆様からアイデアや撮りたい絵がどんどん出てくる楽しい打ち合わせを経て、赤子の視点でストーリーが進んでいくキュートな短編が完成しました。

実際に子育て中の方に意見を聞いたり、脚本を読んでもらって不自然な箇所を指摘してもらったり、ご協力頂いた親御さんとお子様にも感謝です。

赤ちゃんや小さな子供を育て中の友達がけっこういるので、彼らのお子様とご一緒することもあるのですが、赤ちゃんや子供を育てている方は男女問わずもっと世の中から讃えられ社会的に報われ共働きもシングルも実家頼れない人も子育て向いてない人も同性カップルも等しくエンパワーとヘルプがされてしかるべきだなーといつも思います。

どこのだれのもとにきた子供でも、健やかに育つことが当たり前のいつかの未来が、早くいまになりますように。

どちらの会場でも観客投票があり、投票の結果で最優秀観客賞が決定するとのこと。
大勢のお客様に愛される作品だと思っております!

公演本番が近いため現地には伺えませんが、上映応援しております!

大阪や京都に近い皆様、ぜひ足をお運びくださいませ。

『いつかのいま。』
監督:山田瑛瑠
脚本:モスクワカヌ

◼️上映日と場所
▼ 9/4(日)17:40~
シネマート心斎橋(大阪)

▼9/24(土)12:45~
ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川(京都)


◼️あらすじ
生後1週間で、同性夫夫・山田と佐藤のもとにやってきた「いつか」の目に映る世界。ぼんやりした視界だけれど、いつかは確かに感じている。ふたりが一生懸命にいつかに向き合い、愛情を注いでくれていることを。
はじめての子育てにふたりは大奮闘。寝る間もない日々、初めてのハイハイに喜びを分かち合い、時には小さな失敗に落ち込んだりもするが、その間にもいつかは成長していく。
ふたりがノートに綴る、ささやかな日々の記録。いつかの視点から二人の思いをなぞるうち、「いつかのいま」がずっと幸せであるようにと願わずにはいられない。
(文責:映画祭実行委員会)


第15回関西クィア映画祭
https://nordot.app/919156312342593536




category: お知らせ

tb: 0   cm: 0

【お知らせ】劇団劇作家10月公演リーディングミュージカル『Killer Queens!』【チケット発売開始!】  

私が所属する劇団劇作家主催、モスクワカヌが脚本をつとめます10月公演、リーディングミュージカル『KillerQueens!』、本日よりチケット発売開始いたしました。

モスクワカヌ、久しぶりの長編ミュージカルで、とてもワクワクしております。趣味と癖と血が全開です。

とても幸せなことに、演出は赤澤ムックさん、音楽に伊藤靖浩さんのジーニアス2人。
キャスト陣には私が「素敵だな」と思った彩度の高い方々に勢ぞろいして頂きました。
安心と信頼のスタッフの皆様と共に、公演本番にむけてドライヴしていきたいと思います。

以下、公演詳細です。皆様のご来場をお待ちしております。

【ストーリー】
伝説のシリアルキラー、切り裂きジャックとならびたつ女性キラー「KillerQueen」の座をかけて、「マスター」を名乗る謎の司会者のもと、コンテストに集った8人の女性殺人者たち。
はたして「KillerQueen」の座は誰の手に…?

ナジレブ村のTHE・ポイズン。暗殺チーム「エンジェル・メーカー」代表のジュジャンナ・ファゼカシュ。
悲運の未亡人か稀代の毒婦か。脚色された人生が新聞にのり芝居になった高橋お伝。
永遠の美と若さを求めて乙女たちの血を浴びた、女吸血鬼のモデルとして名高いエルジェーベト・バートリ。
愛人を唆して夫殺しを犯させたと嘯く被告の女性、イーディス・トンプソン。
神の啓示によりドレスを血に染めた暗殺の天使、シャルロット・コルデー。
ハイウェイを駆け抜けたような人生を今なお愛されるギャングスター、ボニー・パーカー。
社会への憎悪からマス・マーダラーとなった孤独な少女、オルガ・ヘプナロヴァ。
モンスターと呼ばれた女シリアルキラー、アイリーン・ウォーノス。
そしてコンテストの「マスター」を名乗る謎の男と、「シュガー」という名のそのアシスタント。

粋で華麗でちょっぴり危険なキラー達のコンテストパーティーに、是非ご来場くださいませ。

劇団劇作家10月公演
リーディングミュージカル
『Killer Queens!』

【脚本】モスクワカヌ(劇団劇作家)
【演出】赤澤ムック
【音楽】伊藤靖浩

【会場】
TACCS1179
〒161-0034 東京都新宿区上落合1-17-9
西武新宿線 下落合駅下車 北口から徒歩約3分
※本公演の会場は地下にあり、エレベーター等の設備がございません。大変申し訳ありませんが、車いすでのご入場が難しい旨あらかじめご了承ください。

【日時】
2022年10月14日(金)~16日(日)
10/14(金) 19:00
10/15(土) 14:00/19:00
10/16(日) 11:30/16:00
※開場は開演の30分前です。

【チケット】全席自由
一般   4,000円
学生U-18 2,000円
障がい者割引 2,000円
配信チケット 1,500円

【チケット予約フォーム】
https://www.quartet-online.net/ticket/killer_queens?m=0acieig
(モスクワカヌ扱い)


【メール予約】
gekidangekisakka@gmail.com
①お名前 ②お電話番号 ③券種と枚数 を明記してお申し込みください。

電話予約 080-5498-5037

※学生U-18は、学生の方、18歳以下の方のための割引チケットです。当日受付にて学生証か、年齢を確認できるものをご提示ください。
※障がい者割引は、障がい者手帳(身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳)をお持ちの方にお求めいただけるチケットです。当日受付にて障がい者手帳をご提示ください。


【ライブ配信について】
■日時
2022年10月16日(日) 11:30

■アーカイブ販売期間
2022年10月30日(土) 23:00まで

■アーカイブ視聴期間
2022年10月31日(日) 23:55まで

ライブ配信チケット購入はこちらから
https://musicalkillerqueens.peatix.com/


【CAST】
伊藤 昌子
大田 翔
岡田 あがさ
小見 美幸
角島 美緒
神 由紀子(朱の会)
関森 絵美
竹内 真里
露詰 茉悠
中谷 弥生
(五十音順)

【STAFF】
演奏・音楽監督 三橋 美笛
歌唱指導 三橋 美笛
照明 賀澤 礼子
音響 岡田 悠(One-Space)
音響操作 小町 香織
衣装・美術 わだかよ(NAGOMIDAデザイン)
宣伝 わだかよ(NAGOMIDAデザイン)
映像配信 タナバタカナリア
ドラマターグ オノマ リコ(趣向)
演出助手 大月 リコ(yoowa)
舞台監督 藤田 有紀彦
フライヤー校正 浅見絵梨子
制作 福山 啓子(劇団劇作家)丸山 香織(アナログスイッチ)
主催 劇団劇作家

【協力】
株式会社アプル クィーンズアベニュー 豪勢堂 黒色綺譚カナリア派 青年座映画放送 ブロードウェイ・ライン・カンパニー アナログスイッチ 趣向 青年劇場 劇作家女子会。

【お知らせ】
本公演は感染症対策の観点から、ご来場頂くお客様に以下の事項をお願いしております。
おそれいりますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

・入館される際、検温を実施いたします。検温にて 37.5℃ 以上の発熱が見られる方につきましては劇場内へのご入場をお断り致します。
・公演中に激しい咳や発熱など感染の疑いのあるお客様が発生した場合には、ご退席頂きます。
・ご来場の際には不織布マスク着用でお願い致します。
・入り口にアルコール除菌スプレーを設置し、除菌にご協力頂きます。
・受付やトイレなどに並ぶ場合には、できる限り間隔を開けてお並び下さい。
・出演者への差し入れ・プレゼントは受け付けておりません。
・終演後の出演者・スタッフとのご面会はできません。 

【その他】
今回使用する劇場は、ロビーから客席までの移動手段が階段のみとなります。
そのため、大変恐れ入りますが、車椅子でのご入場が難しい旨、あらかじめご了承くださいませ。
ご観劇に際して、お問い合わせやご不明な点等ありましたらご相談ください。

【お問い合わせ】
劇団劇作家
MAIL gekidangekisakka@gmail.com
HP https://www.gekisakka.net/




category: 芝居

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

▲ Pagetop