FC2ブログ

趣向ワカヌ「発表~いま、ここ。~」公演終了。

さる21日。
趣向ワカヌ「発表~いま、ここ。~」公演無事千秋楽をむかえていました。

初日カウントダウン途中から、千秋楽までトぶというモスクワ・クオリティ・・・・・・・。

まず、ご来場いただいたお客様に、感謝を。

スタッフ・キャストに、拍手を。

そして共同主宰した、劇作家オノマリコさんに、ありがとう。


ありがとうございました。

続きを読む

スポンサーサイト



2013-01-26 : 趣向ワカぬ。 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

初日まであと4日!趣向ワカヌ「発表~いま、ここ。~」カウントダウン!

趣向ワカヌ短編演劇集「発表~いま、ここ。~」は、あと3日で初日。
今日の夜は、他チーム揃っての合同稽古となります。


さて、本日は、通称ワカヌチームの短編。
「いつかあなたはここにいて、わたしはいつもそこへいく。」をご紹介したいと思います。

タイトル、長いです。
ええ、私は長いタイトル、もとい文章が好きです。

「ジュゲムジュゲムごこうのすりきれかいじゃりすいぎょのすいぎょまつ」

とか、心踊ります。

この短編は、去年「劇王X~神奈川大会~」というイベントで上演したものなんですが、今回リライトしたものを新たに「趣向ワカヌ」で演じてもらおうということで。

男女三人芝居。
演じるは以下の3人。

熱くストイックな真正面女優梶野春菜さん。
薄っぺらさゆえに、過去に共演者から「プラスティック」とあだ名をつけられた、独特の軽妙さをもつ浅見臣樹さん。舞台上で確固たる世界観を身にまとう、美しき女優の今野真知子さん。

魅力ある、素敵な出演者ズです。
お互いも持っているものがバラけているのがよいです。

梶野さんは、情熱と知。
今野さんは、静謐と美。
浅見さんは・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・えーと。

飲み会の席で、趣向ワカヌの主宰2人に向かい、

浅見さん「ていうか、ワカヌさん太りましたね!リコさんも下半身でかい!やせましょう!」

と言い放っても許される、キャラ。
※後日、帰りの電車で、とても真面目に「痩せるため」のメニューを考えてくれました。毎日腹筋15回からはじめ、少しづつ増やして習慣にするのがいいとか。やってみてます。

でも、芝居に対して非常に真面目であるところは3人共通なのです。

共同主宰のオノマリコさん曰く、作風が「少女の暗黒ミュージカル」な私にして、歌もダンスも、ドラマチックもほぼ封印して挑んでみた作品。呪いも封印!

そして今までの私が、作中であまり触れなかった、というかテーマにしてこなかったことを、やってみております。

ここから立ち上がる作品は、闇でなく、光を目指して書きました。

この世界が、ホンの少し、私にむかって胸襟を開いてくれるよう。。

今また、そのためにあがいてます。
この劇世界が、リアル世界のなかで立ち上がること。
そしてリアル世界と、そこに生きる人達とつながれること。

初日までに、もう一歩でも二歩でも、もっと前にすすみたい。

趣向ワカヌ「発表~いま、ここ。~」チケット予約はこちらから。

17日より、乃木坂シアターコレドにて。

ぜひぜひ、ご来場ください!



2013-01-14 : 趣向ワカぬ。 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

初日まで、あと6日!趣向ワカヌカウントダウン!

さて、趣向ワカヌの短編演劇集「発表~いま、ここ。~」初日まで、あと6日です。

せっかくなので、上演される短編をご紹介がてら、カウントダウンしてみようと思います。

本日紹介いたしますのは、オープニングで上演される、リーディング「いま、ここ。」

演じるは2チーム。
チームA、通称チーム・アイドル(モスクワカヌ談)の出演者は

百花亜希さん、若林えりさん。

お二人とも、「DULL-COLORED POP」という素敵劇団に所属されている女優さんです。
ちなみに若林えりさんは、「38なぐり~ず」という小劇場アイドルユニットにも所属されている、正真正銘(?)のアイドルでもあります。
美しい百花さんと可愛らしい若林さんが揃う稽古場は、かるく花園です。垂涎ものです。

そしてもう一方のチームは、

チームZ、通称「なんかZって感じ」(オノマリコ談)チームの出演者は

サキヒナタさん、菊池美里さん。

お二人ともフリーで、小劇場演劇界を力強く泳ぎまくっている女優さんです。
軽くいい意味で人間離れしています。醸し出す雰囲気が、妖精はたまた妖怪・・・・・。
いえ、褒めてますから、全力で。

こんな・・・・こんな感涙ものの贅沢な布陣に読んでもらう、リーディング「いま、ここ。」。
これがどんなリーディングなのかっていうと・・・・・。


オノマリコとモスクワカヌの某VEROCEでのダベリをそのまま脚本化しただけ。

すみません・・・・。

でもね、けっこうマジに語ってます。
演劇のこと、人類のこと。
なんで芝居やってんのとか、小っ恥ずかしいところも含めて、全部。
上演される4つの短編のなかで、一番ノンフィクション。
それがこのリーディング「いま、ここ。」。

生搾りです。
しかし原材料が趣向ワカヌの主宰ズなので、生搾りとかでも爽やかさは、たぶん、ない。
もはや「発表」というよりは、「ぶっちゃけ」ではないかと。

だけどまさか、自分の役を、チームAのあの方と、チームZのあの方に演じてもらうなんて・・・・・。
そしてリコさんを、チームAのあの方と、チームZのあの方が演じるなんて・・・・

劇作家やっててよかった・・・・・・・・・。
今まさに、あれです。
女にもてたプロデューサーの気分です。

こんな機会、もう一生ないと思うので、自分が一番楽しみにしているかもしれません。
リーディング「いま、ここ。」

オノマリコとモスクワカヌを知らなくても楽しめる、知っていたら多分笑えるリーディング。

ご期待ください。

リーディング「いま、ここ。」が上演される、趣向ワカヌの「発表~いま、ここ。~」
チケット予約はこちらから。

皆様のご来場を、お待ちしております!

2013-01-12 : 趣向ワカぬ。 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

趣向ワカヌ【蜻蛉玉遊戯】終幕。エピローグその2

公演が千秋楽を迎えたら、季節も秋を迎えていた。
今年はまさに芝居とともに過ぎた夏だったと思う。
それは去年もそうだったのだけれど、なんていうか今年と違うのは、去年は自分の中に何も入る余地なんかなくて、季節が夏だろうが冬だろうがそれはただ自分のうわっつらを素通りしただけだったけれど、今年はちゃんと、夏の日差しとか暑さとか、生ぬるい風とかも自分の中を通過して過ぎた感じ。
だから、ちゃんと見送れたかな、と。

楽しいと思えたこと、つながったと発見したこともあったし、出来ないことや、届かない部分がたくさんあった。稽古の終盤、公演が本番になってから気づいてしまったこともたくさんある。
毎日見ているのに、自分で書いたのに、だからこそわからない、見えないものとか。
単純に、神経が足りないところ。
誤解を招く言い方かもしれないが、自分なんかが、今回の公演で満足していてはいけないと思う。だけど自分の満足のいかない作品を上演したのか、お金とって人さまに見せたのか、と問われると、それも違う、と思う。
「CARNIVALカーニヴァル」「バースデイ」という作品を、私はやはり愛しているし、楽しんだ人や泣いた人もいてくれた。少なくとも自分で恥ずかしいと思うものを作ったり見せたりはしなかった。
でもそれも独り善がりだよな。ジャッジするのは観客。

このあたりジレンマ。

私は今の私を、出来る限りのことを差し出すしかないのかもしれない。
芝居でもなんでも、ものをつくると、それも真剣につくろうとすればするほど、何故自分を取り繕えなくなるのだろう。これは私にとって不思議。

さあ、次は何をしよう。
私は何になりたいんだろう。←宝塚歌劇団の演出家。これは決定。
なりたいものになるために、なにをすればよいのだろう。
考えることもやることもたくさん。
とりあえず明日のために、ていうか今日のために、寝る!
スパコイノイノーチ!(ロシア語でお休み、の意味です。)





2010-09-10 : 趣向ワカぬ。 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

趣向ワカヌ【蜻蛉玉遊戯】終幕。エピローグその1

趣向ワカヌ【蜻蛉玉遊戯】は、昨日無事千秋楽を迎えられました。
ご来場頂いたお客様、出演者・スタッフの皆、そしてオノマリコさん。ありがとう。

今はまだ、この公演を通して考えたことや感じたことをうまく整理して書けないので、
取り急ぎ。(この「取り急ぎ」の使い方は公演の稽古中にリコさんに教わりました。)

今回の公演で、別々の芝居でほぼ出ずっぱりの2役を引き受け、ものすごくしんどそうだったのに一度も「もういやです。」的なことを口にださなかった岩井晶子さん。

そこに立っているだけで可愛らしくて華があるけど、芝居作りの現場では逞しい頼もしい女子、神宮司晴香ちゃん。

そのままの貴方でいてほしい、手先が器用でいつも笑顔、たまにおしゃべりの止まらない花売り娘・阿部侑加ちゃん。

舞台の上で嘘のないことをする、しようとする姉さん。ピエロの時の楽しみ方がキュートで、「バースデイ」では怒涛の泡立てマスターだった北見有理さん。

気配りと気遣いの魔術師。様々な芝居へのアプローチ方法を稽古場で披露しつつ、こちらが要求することを芝居できっちりと形にして提出してくれた辻村優子さん。

稽古場から大人気だった馬、担当。仮装した貴婦人の優雅な動きから、洗濯物を干す主婦まで。動かすとそこに何かがあって面白い、露木友子さん。

しっかりとした声の持ち主で、稽古場で苦しみつつも、本番までに確実に変わっていった日高妙子さん。

バラエティに富んだ布陣で、今自分がやりたいこと、出来ることをやらせてもらいました。やっちゃいました。
たくさん遊べて面白かったです。
ありがとう。
本日はこれで、フショウ!(ロシア語でおしまい!の意味。)
2010-09-07 : 趣向ワカぬ。 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ものを書く縮小 劇作家のモスクワカヌです。
短編・音楽劇・ラジオドラマ・Webコラム等を書いております。 ペンネームの由来は、以前住んでいた某首都+本名。
演劇ユニット「遊戯ヱペチカトランデ」の主宰もしてますが。団体は現在お休み中です。
HP:「遊戯ヱペチカトランデ」
BLOG:「дача берёза ダーチャ・ベリョースカ」
劇団劇作家所属。劇作家女子会。メンバー
お問い合わせはyugi.mw☆gmail.com(☆を@に変えてください)にお願いします。

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

前回の公演

遊戯ヱペチカトランデ
第弍回公演

MGトリコロール縮小
Musical
Mademoiselle Guillotine
~マドモアゼル・ギロティーヌ~

strong>2013/9/5(木)~9/9(月)@日暮里d-倉庫
詳細はこちらから。

過去の公演

公演は無事終了しました。ご来場ありがとうございました。

☆作家/演出として参加。

劇作家女子会×時間堂presents
劇作家女子会!
期間:2013年6月13日(木)~16日(日)
※演劇公演です。
会場:王子小劇場
女子会縮小版 劇作家女子会!HP
劇作家女子会!BLOG
遊戯ヱペチカトランデ公演
「The Giris next Door」
~おんなの子、
藪をつつけば、蛇がでる。~


2011年12/8(木)~12/12(月)
公演の詳細はこちらから。

趣向ワカヌ公演
縲発表表縮小版

「発表~いま、ここ。~」
まだ、ゆれてる。

作/演出
オノマリコ モスクワカヌ
演目/出演
リーディング『いま、ここ』
公演の詳細はこちらから。

蜻蛉玉チラシ完成縮小
「蜻蛉玉遊戯」
2010年9/1(水)~9/5(日)
公演情報はこちらから。

☆演出助手として参加。

2013年3月23日~27日
@座・高円寺
世の中と演劇するオフィスプロジェクトM
「ハルメリ2013」
台本:黒川 陽子
演出:丸尾 聡

2011年8月27日~28日
@スペース・ゼロ
非戦を選ぶ演劇人の会
「核・ヒバク・人間」
構成台本:非戦を選ぶ演劇人の会
演出:鵜山 仁

2011年3月9日~15日
@中野テアトルBONBON
オフィスプロジェクトM
「死刑執行人~山田浅右衛門とサンソン~」
作演出:丸尾 聡

2010年12月
北京蝶々「あなたの部品 リライト」
作:大塩 哲史
演出:黒澤 世莉(時間堂)
詳細はこちらから。

検索フォーム

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR