FC2ブログ

2014年4月の観劇記。

4月は春爛漫とばかり、お誘いをうけるお芝居もたくさんで、様々な事情から不義理ばかりで申し訳ないのですが、幸い「劇作家女子会!」でご一緒しているオノマリコさんと坂本鈴さんの公演を観劇することができました。

オノマリコさんは、神奈川県庁の本会議場で行われる短編演劇祭、坂本鈴さんは、自身が主宰される「ガチゲキ!2」で、参加団体と芝居を競演しあうという、奇しくも両方お祭りのような公演。
どちらもそれぞれにいい時間を過ごせて、何より一緒に頭を悩ませたり飲んだり馬鹿話をした相手が頑張っている姿にいろいろもらうものがありました。

オノマリコさんの「趣向」が参加した神奈川県庁は、今の私のアパートから歩いていけるくらい近いので、急遽受付手伝いもしつつ、他団体の短編とあわせて「男子校にはいじめが少ない?short ver」を観劇。
県庁が一般開放をしている日にあわせて演劇祭を行ったのですが、歴史ある建物はシンプルながら、それでいて最近の現代建築にありがちな、味もそっけもない灰色の機能主義の名を借りた想像力欠如の結果の殺風景とも違う、県の行政を担う建物に相応しい重厚さと華やかさがあって、一言で言えば大変私好みな建物でした。

県庁という、普段演劇とは縁遠い場所で公演をうつことについては、主宰をする側や協力をされた県庁、そして参加者達には大変な面が多々あったのだと思いますが、単純に観客として接する側には、ワクワクする体験でした。

リコさんの「男子校にはいじめがすくない?short ver」。
出演者も全員魅力的で、リコさんの書いた本のなかの時間に気持ちよさそうに生きていたし、上演の間、観客が芝居をみる、という一方通行の関係だけではなく、誰の心のなかにもある、自分の内側を見る目が開く時間が、ひとかたならぬお客様のなかに流れたと思える時間があったことが、本当に素晴らしいなと思えました。
オノマリコさんの「趣向」は、世田谷パブリックシアターの2014年ネクストジェネレーションにも選ばれて、要注目な劇作家であり団体です。

坂本鈴さんの「僕の彼女がこんなに浮気なわけがない」
ガチゲキ!では負けがこんだらしいのですが、私はこの芝居、かなり好きでした。シェイクスピア原作の「オセロー」にある、人種や性の間に横たわる差別の構造をとらえていて、大雑把な部分もありつつ、作演出の鈴さんの書きたいことのエッセンスがちゃんと抽出されている。鈴さんの素敵なところは、何が正しいか、自分がどうしたいかわかっていても、それのために世間や他人と戦えない人への優しさや希望がちゃんとあるところ。女子会のリーダーは真面目で懐が深いと思います。
でも今の日本で「オジサン」受けが悪いのには納得。それこそが劇中で書かれていた戦うべき敵だ!

普段それぞれ、いわゆる世間のいう女子力とは縁遠く生きている劇作家達が、「女子会!」というパッケージでまとまってみてよかったなと思うのは、「劇作家協会新人賞を獲得した黒川陽子さん」「劇団だるめしあんを主宰している坂本鈴さん」「趣向を主宰しているオノマリコさん」という、何処其処の誰々、じゃなくて、彼女たちと友達になれたこと、(友達って書いてもいいよね?「え?」とか言われないよね?と思いつつ今書いている・・・・・)、彼女たちの公演とか活動とかが、単なる事柄じゃなくて同士の頑張りになることで、こちらも鼓舞されたり一緒に喜べたりできることだと思っています。

それは今までご一緒した俳優の方々やスタッフの方々も皆同じで、その全ての公演を観に行くことは不可能ながら、いろんなところでいろんな人の名前に力をもらったりしているのですが、ひとつの現場で共同作業をすることが少ない劇作家同士はなかなかそういうことがないので、単純に嬉しい。

夏にかけて、もう少し、いろんなお芝居を見れるようになればいいなと思う今日この頃です。



スポンサーサイト



2014-04-28 : 芝居 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ものを書く縮小 劇作家のモスクワカヌです。
短編・音楽劇・ラジオドラマ・Webコラム等を書いております。 ペンネームの由来は、以前住んでいた某首都+本名。
演劇ユニット「遊戯ヱペチカトランデ」の主宰もしてますが。団体は現在お休み中です。
HP:「遊戯ヱペチカトランデ」
BLOG:「дача берёза ダーチャ・ベリョースカ」
劇団劇作家所属。劇作家女子会。メンバー
お問い合わせはyugi.mw☆gmail.com(☆を@に変えてください)にお願いします。

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

前回の公演

遊戯ヱペチカトランデ
第弍回公演

MGトリコロール縮小
Musical
Mademoiselle Guillotine
~マドモアゼル・ギロティーヌ~

strong>2013/9/5(木)~9/9(月)@日暮里d-倉庫
詳細はこちらから。

過去の公演

公演は無事終了しました。ご来場ありがとうございました。

☆作家/演出として参加。

劇作家女子会×時間堂presents
劇作家女子会!
期間:2013年6月13日(木)~16日(日)
※演劇公演です。
会場:王子小劇場
女子会縮小版 劇作家女子会!HP
劇作家女子会!BLOG
遊戯ヱペチカトランデ公演
「The Giris next Door」
~おんなの子、
藪をつつけば、蛇がでる。~


2011年12/8(木)~12/12(月)
公演の詳細はこちらから。

趣向ワカヌ公演
縲発表表縮小版

「発表~いま、ここ。~」
まだ、ゆれてる。

作/演出
オノマリコ モスクワカヌ
演目/出演
リーディング『いま、ここ』
公演の詳細はこちらから。

蜻蛉玉チラシ完成縮小
「蜻蛉玉遊戯」
2010年9/1(水)~9/5(日)
公演情報はこちらから。

☆演出助手として参加。

2013年3月23日~27日
@座・高円寺
世の中と演劇するオフィスプロジェクトM
「ハルメリ2013」
台本:黒川 陽子
演出:丸尾 聡

2011年8月27日~28日
@スペース・ゼロ
非戦を選ぶ演劇人の会
「核・ヒバク・人間」
構成台本:非戦を選ぶ演劇人の会
演出:鵜山 仁

2011年3月9日~15日
@中野テアトルBONBON
オフィスプロジェクトM
「死刑執行人~山田浅右衛門とサンソン~」
作演出:丸尾 聡

2010年12月
北京蝶々「あなたの部品 リライト」
作:大塩 哲史
演出:黒澤 世莉(時間堂)
詳細はこちらから。

検索フォーム

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR