FC2ブログ

イベント・レポートその4【モスクワカヌのHAPPY VALENTIN!】

さて、4回に分けてお送りした私のヴァレンタイン・イベントのレポートも、いよいよ今回が最終回です。

果たして2016年の今年、私は会場の皆を「あっ」と言わせるチョコレートを創造することが出来たのか

「ワカヌちゃん、準備はどうですか

女子会メンバーからの呼びかけを合図に、いよいよ2016年のモスクワ・チョコ『バベルの塔』、お披露目です

黒川陽子「では、モスクワさんにチョコをもってきてもらいましょう。皆様、撮影はどうぞご自由に(笑)」

まるで芸能人登場のようなアナウンスの後、いよいよ完成したチョコを会場へ・・・・・

ジャジャン



ざわめく会場。
フラッシュならぬ、スマホのシャッター音の嵐。
パリコレの新作も、このような衝撃はギャラリーに与えまい・・・・・・。

人類よ、これが21世紀のバベル(チョコ)だ




ファースト・インパクトが与えたショックと写真撮影が落ち着くのを待って、おもむろにバベル(チョコ)を切り分ける私。
切り分け方にダメ出しをうけ、包丁を奪われる私・・・・・・。



「ところで、これ、誰が最初の一口いく

誰かの一言で、とたんに静かになる会場。

探り合いになる空気。絵に書いたような様子見。

ちょっとみんなー。
いくら遠慮と謙遜が日本人の美徳だからって、別にそこ譲り合うことなくない

「やっぱりここは、モスクワチョコのベテラン、小杉じゃないか

丸尾氏の鶴の一声で、皿を取り上げる小杉美香嬢。
この、ふられたら逃げない精神、打たれた球は全て拾っていく心意気、彼女の女優魂を、私はとっても尊敬しています

栄えある2016年モスクワ・チョコのファースト・バイト。
果たして、小杉美香嬢の判定はいかに。

美香嬢「・・・・・・・・・・・・・・・・・美味しい

その時、歴史が動いた。

わきあがる歓声。
両の拳を天に突き上げる私。
NHKなら、ここで中島みゆきかかってた。

モスクワカヌのヴァレンタイン史における、まさに歴史的な快挙。エポック・メイキング。
「普通・キュート・美味しい」を実現した、フランス革命ならぬモスクワ革命・・・・・

チョコ作り7年目にして「美味しい。」の一言、頂きましたー

その一言で安心したのか、一斉に皆の手元に配られていく皿。

ざわざわしつつ、誰も「うっ」とならずに、バベルが食されていきます。
そう、これ、この雰囲気こそ、今年のチョコで実現したかったコンセプトです。

ですが、皆の箸ならぬフォークが塔の土台に達した時に、異変は起こりました。

「なんじゃこりゃ
「か、硬い・・・・・

塔の土台を食べた数人からあがる声。

この土台部分のテーマは、異文化コミュニケーション。
ホットケーキミックスに、様々な食感の食材を練りこんで焼き上げたのですが、どうも「餅シート」が、生地のなかで固まってしまっていた様子・・・・・・。

私の計画としては、薄い餅シートが生地のなかでトゥッルットゥッルンになって、ケーキの食感に「なんて素敵にジャパネスク」な食感を与えてくれる予定だったのですが、どうやら予定外の事態が起きた模様。

丸尾聡氏「お前はどうして余計なことをせずにはいられないんだ・・・・

今年、トラウマを乗り越えてモスクワ・チョコの実食にチャレンジした師匠が悲しみに暮れる。

黒澤世莉氏「成長したようで、しょうがとかカレーとか入れちゃう本質の部分は何も変わっていない」

そ、そうでしょうか・・・・・。

いやでも土台はともかく、タワー部分は美味しい、と言ってもらえたのですから、成長は、成長はしているはず・・・

歩みはゆっくりですが、私の進む方向に間違いはないはず。

今回のイベントをへて、私、決めました。

これまでは毎年、来年こそたった1人の本命をつくる宣言をしていましたが・・・・来年も、より大勢の人間に手作りチョコを贈ることを・・・・

来年のチョコは何をテーマに、どんな材料を使うか、今からわくわくしております

それにしても、チョコ作り7年目にして、思いがけずイベント化した2016年のモスクワ・ヴァレンタイン。

パティシエでもない私のお菓子作りイベントという、誰得かが全く不明なお祭りに、これだけたくさんの方が力を貸してくれたことには、感謝と感激しかありません

昔、花も恥じらう女学生だった頃。
友達と連れ立っての帰り道で、

私「私ってウッカリ者だし、成績も運動も特に秀でたところないし、色々やらかし気味の人間だからマイナス要素強いじゃない?でもマイナスとプラスが引き合うように、マイナス強い人間はプラスの人と引き合うと思うのね?だから将来私と結婚する人は、すっごくよい人だと思う(笑)」

という話を冗談のつもりでしたら、

友人「うん、そうだね

と力強く同意されたことがあるのですが・・・・・(哀)

いまだに結婚こそしていないものの、かつての私が予言したように、私、人に恵まれて生きております。

最終回にあたって、あらためて、イベントにご来場頂いたお客様と、ご協力を頂いた関係者の皆様に、心からの感謝を捧げたいと思います

本番直前にご協力を頂いた、時間堂の黒澤世莉さんにヒザイミズキさん。
10年来の友人で、往年のモスクワ・ヴァレンタインの経験者でもあるチャリT企画の女優・小杉美香ちゃん。
たまに会えると異国の地で同郷の人に会ったみたいで嬉しい、qui-co.の小栗剛さん。
色々色々お世話になりすぎている、天才音楽家の伊藤靖浩さん。

そして、心強い女子会。メンバーに、

平日昼間の忙しい時間帯にご来場頂いたお客様。

本当に本当に、ありがとうございました

スポンサーサイト



2016-02-22 : ヴァレンタイン : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ものを書く縮小 劇作家のモスクワカヌです。
短編・音楽劇・ラジオドラマ・Webコラム等を書いております。 ペンネームの由来は、以前住んでいた某首都+本名。
演劇ユニット「遊戯ヱペチカトランデ」の主宰もしてますが。団体は現在お休み中です。
HP:「遊戯ヱペチカトランデ」
BLOG:「дача берёза ダーチャ・ベリョースカ」
劇団劇作家所属。劇作家女子会。メンバー
お問い合わせはyugi.mw☆gmail.com(☆を@に変えてください)にお願いします。

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

前回の公演

遊戯ヱペチカトランデ
第弍回公演

MGトリコロール縮小
Musical
Mademoiselle Guillotine
~マドモアゼル・ギロティーヌ~

strong>2013/9/5(木)~9/9(月)@日暮里d-倉庫
詳細はこちらから。

過去の公演

公演は無事終了しました。ご来場ありがとうございました。

☆作家/演出として参加。

劇作家女子会×時間堂presents
劇作家女子会!
期間:2013年6月13日(木)~16日(日)
※演劇公演です。
会場:王子小劇場
女子会縮小版 劇作家女子会!HP
劇作家女子会!BLOG
遊戯ヱペチカトランデ公演
「The Giris next Door」
~おんなの子、
藪をつつけば、蛇がでる。~


2011年12/8(木)~12/12(月)
公演の詳細はこちらから。

趣向ワカヌ公演
縲発表表縮小版

「発表~いま、ここ。~」
まだ、ゆれてる。

作/演出
オノマリコ モスクワカヌ
演目/出演
リーディング『いま、ここ』
公演の詳細はこちらから。

蜻蛉玉チラシ完成縮小
「蜻蛉玉遊戯」
2010年9/1(水)~9/5(日)
公演情報はこちらから。

☆演出助手として参加。

2013年3月23日~27日
@座・高円寺
世の中と演劇するオフィスプロジェクトM
「ハルメリ2013」
台本:黒川 陽子
演出:丸尾 聡

2011年8月27日~28日
@スペース・ゼロ
非戦を選ぶ演劇人の会
「核・ヒバク・人間」
構成台本:非戦を選ぶ演劇人の会
演出:鵜山 仁

2011年3月9日~15日
@中野テアトルBONBON
オフィスプロジェクトM
「死刑執行人~山田浅右衛門とサンソン~」
作演出:丸尾 聡

2010年12月
北京蝶々「あなたの部品 リライト」
作:大塩 哲史
演出:黒澤 世莉(時間堂)
詳細はこちらから。

検索フォーム

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR