FC2ブログ

芸術の秋の入り口に、一人芝居ミュージカル短編集vol.3 『注文の多い宮沢賢治』&『The Last leaf for Henry』はいかが?

2017年の夏もそろそろ終盤。
皆様におかれましては、海に山に花火に旅行と、夏を満喫されたことと存じます。

不肖私モスクワカヌ、今年の夏は海にも山にも花火にもプールにすら行ってません
花火などツイッターのタイムラインでしか見てないYO

大阪にはインタビューがてら旅行行ったけどバーベキュー楽しかったけど
仕事の後に奈良の東大寺を案内してもらって念願のシカにせんべいをあげる体験してきたけれど
(ちなみに東大寺とメガ仏像はとてもよかったです。大きいけれど大味でない造形が見る人の心を平らにならしてくれるような…。この寺と仏像が建立された頃から現在まで、とうとうと流れる悠久の時を感じました。)

でも、いいんです。
何故なら今年の夏は、3本の新作を書けたから…。
海も山も花火もなくても、新作があるなら劇作家としては本望よっ

というわけで、今年の夏に書き上げた新作の1つ。
ミュージカル『注文の多い宮沢賢治』

上記作品が上演される「一人芝居ミュージカル短編集vol.3」公演がまもなく始まります。

こちらの脚本ですが、今年の春に、岩手県で活動されている女優・千葉さらださんのユニットのために書き下ろしたストレートプレイをミュージカル版に翻案したもの。
岩手県は花巻に生まれた、詩人であり小説家であり、自らの理想の暮らしを大地の上で模索しつづけた行動の人、宮沢賢治を主人公にした物語です。

「注文の多い料理店」「銀河鉄道の夜」等、おなじみの小説のモチーフや「春と修羅」などの詩のエッセンス、サソリやヨダカといった登場人物に賢治自身の自伝もからめて、幻想大四次元の宙に私なりの人間・宮沢賢治像を自由に描いてみた戯曲になります。

今回、一人芝居、さらにミュージカルで宮沢賢治を演じて頂くのは、森田学さんと、アンダーキャストの須加崎幸憲さん。
先日の懇親会でご挨拶をして、お二人と色々お話をさせて頂きました。

森田さん「実は僕、先日岩手県の花巻まで行ってきて、宮沢賢治のお墓にお参りしてきたんです。」
モスクワカヌ「なんと! すごい意気込み!」
森田さん「で、宮沢賢治の墓前で、今回演じる脚本を全編朗読してきました!」

な、なんですってー
あの…あの…日本が誇る大作家で詩人の宮沢賢治先生の墓前で…私が賢治先生を主役にして書いた脚本が朗読されたですってぇぇええ


森田さん「ちょうどお盆だったので、戻ってらしたかもしれません!」
須加崎さん「森田さん、すごいですよね!」

Oh…。
宮沢賢治の御霊…「俺はこんなんじゃない!」って荒ぶってなければいいけど…。

作家的にはとんだ羞恥プレイで冷や汗がでますが、キャストの2人がまっすぐな瞳を輝かしていたので、これでよかったのだと思います。

舞台はナマモノ、玉手箱。
蓋をあけてみなくては何がどう出るかわからない…ということはありますが、上演前の今も間違いなく言えるのは、『注文の多い料理店』は、演者にこんな風に愛してもらえて幸せな戯曲だってことです。

この企画の主宰であり、全10作品の作曲を担当する伊藤靖浩さんは今回も素晴らしい曲を書いてくれておりますし、演出は人間的にも仕事っぷりにも私が信頼と安心をよせる赤澤ムックさん。

皆様の言葉が、音が、力が、想いがが重なって、新井薬師の劇場、SpecialColorsにどんな世界が見えるのか、作者の私もとても楽しみにしています。

そして今回の上演では、「一人芝居ミュージカル短編集vol.1」に書き下ろしました「The Last leaf for Henry」がリバイバル上演されます。

アメリカの短編小説家、O・ヘンリーを題材に、初めて書いた一人芝居ミュージカル。
劇作家の自分と、短編小説家の「彼」
時代も性別もステータスも違えながら、その苦悩や喜びや幸福に相通ずるものを感じて書き上げた、私にとっても思い入れの深い一作です。

この企画、なんと一人芝居のミュージカルの新作が10本一同に会するというミュージカル好きにはたまらない企画でもあります。

芸術の秋の入り口に、一人芝居ミュージカル短編集はいかがでしょうか。

演者も作家も十人十色。
拙作も上演回によって様々な作品と同時上演されますので、他の作品にもぜひご注目ください

一人芝居ミュージカル短編集vol.3
『注文の多い宮沢賢治』
作曲:伊藤靖浩
演出:赤澤ムック(黒色綺譚カナリア派)
出演:森田学/須加崎幸憲

上演日時:
9月8日(金)19:00
9月9日(土)18:30
9月10日(日)12:00 ※須加崎幸憲さん出演回
9月12日(火)15:00

『The Last leaf for Henry』
作曲:伊藤靖浩
演出:赤澤ムック(黒色綺譚カナリア派)
出演:海老原恒和

上演日時:
9月10日(日)12:00/15:00

公演の詳細はこちらから→https://note.mu/rickytickyasu/n/n20940454c468

チケット予約はこちらから→https://ticket.corich.jp/apply/84854/




左から、須加崎幸憲さん、森田学さん、赤澤ムックさん、私。
スポンサーサイト



2017-08-29 : 芝居 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

ものを書く縮小 劇作家のモスクワカヌです。
短編・音楽劇・ラジオドラマ・Webコラム等を書いております。 ペンネームの由来は、以前住んでいた某首都+本名。
演劇ユニット「遊戯ヱペチカトランデ」の主宰もしてますが。団体は現在お休み中です。
HP:「遊戯ヱペチカトランデ」
BLOG:「дача берёза ダーチャ・ベリョースカ」
劇団劇作家所属。劇作家女子会。メンバー
お問い合わせはyugi.mw☆gmail.com(☆を@に変えてください)にお願いします。

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

前回の公演

遊戯ヱペチカトランデ
第弍回公演

MGトリコロール縮小
Musical
Mademoiselle Guillotine
~マドモアゼル・ギロティーヌ~

strong>2013/9/5(木)~9/9(月)@日暮里d-倉庫
詳細はこちらから。

過去の公演

公演は無事終了しました。ご来場ありがとうございました。

☆作家/演出として参加。

劇作家女子会×時間堂presents
劇作家女子会!
期間:2013年6月13日(木)~16日(日)
※演劇公演です。
会場:王子小劇場
女子会縮小版 劇作家女子会!HP
劇作家女子会!BLOG
遊戯ヱペチカトランデ公演
「The Giris next Door」
~おんなの子、
藪をつつけば、蛇がでる。~


2011年12/8(木)~12/12(月)
公演の詳細はこちらから。

趣向ワカヌ公演
縲発表表縮小版

「発表~いま、ここ。~」
まだ、ゆれてる。

作/演出
オノマリコ モスクワカヌ
演目/出演
リーディング『いま、ここ』
公演の詳細はこちらから。

蜻蛉玉チラシ完成縮小
「蜻蛉玉遊戯」
2010年9/1(水)~9/5(日)
公演情報はこちらから。

☆演出助手として参加。

2013年3月23日~27日
@座・高円寺
世の中と演劇するオフィスプロジェクトM
「ハルメリ2013」
台本:黒川 陽子
演出:丸尾 聡

2011年8月27日~28日
@スペース・ゼロ
非戦を選ぶ演劇人の会
「核・ヒバク・人間」
構成台本:非戦を選ぶ演劇人の会
演出:鵜山 仁

2011年3月9日~15日
@中野テアトルBONBON
オフィスプロジェクトM
「死刑執行人~山田浅右衛門とサンソン~」
作演出:丸尾 聡

2010年12月
北京蝶々「あなたの部品 リライト」
作:大塩 哲史
演出:黒澤 世莉(時間堂)
詳細はこちらから。

検索フォーム

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR