FC2ブログ

2020年、退学式。

少し以前の話になりますが、ちょうど桜の咲き始めか爛漫かという季節に、「退学式」に参列してきました。

「退学式」というと、卒業式とか成人式と違って馴染みのない名詞だと思います。
この「退学式」とは、大学や高校を退学した元生徒達が、自らの門出を祝うために企画した式典で、演劇を通じて知り合った3人の元・高校生達が主宰兼主役の式です。

私が脚本を書いた舞台に立ってくれたり、手伝いをした舞台に立っていた高校生達。
企画の中心で答辞を読むのは、フィクションでない高校4年生だった彼女。
彼らの門出を祝うために、私も来賓として退学式に参列してまいりました。

退学って祝うことなのか? と思われる方もいらっしゃるでしょう。一般的にはマイナスなイメージが強いかもしれません。
ですが私は、高校演劇を通じて知り合った彼らが、私と知り合うずっと前から選択の余地のない色んなことと戦ってきたことを知っています。
皆が自分の人生に関わることを、自分で考えて選んで決められたこと、さらに退学式という面白すぎるイベントに昇華して私を誘ってくれたことが、私はとても嬉しかったし、心から祝福したいと思いました。

某地域会館の1室を借りて行われた退学式には色んな方が参加されていて、なかには退学する生徒の担任の先生や、以前お世話になったという教職の方々も。主役の退学生の友人や演劇でつながった人々もいて、なかなか賑やかです。

ちなみにドレスコードは「自分のテンションがあがる服」ということで、私は結婚式用のドレスに、買ってから一度もかぶる機会のなかった、黒くてつばの大きい麦わら帽子をあわせました。気分は往年の大女優風な出で立ちでしたが、後で鏡をみたら、張り切りすぎて怪しくなった生徒の母親みたいでした…。

退学式にはちゃんと式典用のパンフレットも用意されていて、参加者に配られるという徹底っぷり。
式典を企画した退学生いわく、「私、卒業式って小学校のくらいしかまともにでてないんです。だから式典ってどういう風にするのか全然わからなくて、めっちゃ調べました!」とのことでしたが、なかなかどうして、開式の言葉から、退学証書授与、来賓の祝辞に祝電、送辞に答辞、退学の歌斉唱まで、すごくしっかり作りこまれていました。

ですが、そこは洒落のきいた式典なので、開会の前に「この退学式では、式の最中の拍手、掛け声、野次などは自由です。あかん進行とかにはガンガン野次ってください」というアナウンスが。
退学証書の授与式では、証書の授与をする人が挙手制という趣向があり、退学生と所縁のある人がそれぞれ前にでて、3人それぞれ文面の違う卒業証書を渡していきます。

今回、3人への退学証書の文面をオノマリコさんと一緒に考えさせてもらったのですが、実際にそれが読み上げられて退学生に渡される場面では、彼らの父兄でもなければ親戚でもない私の涙腺がヤバいことに。
「いや、お前はどんな立場やねん」と自分で自分にツッコミをいれて持ち直しました。

その後に続く来賓の祝辞も、前例のない退学式に招かれて参列するくらいなので、先生方やゲストもそれぞれに尖りまくり。

「色々あるけど生きてればいいですね」
「僕は教職について数十年ですが、未だに学校と仲良くなれないので退学生になりたい」
「ていうか今日の式で祝辞を言わなきゃいけないのを知りませんでした。さっきもラインしたのに、なんでその時言わないの?」
「皆さまこんにちは、受け持ちの生徒の退学式に出席する担任です。」
「私は二十歳の時に言えなかったことを、三十歳で言えるようになった。これからもっと言えることが増えていくと思うと楽しみだ。皆が四十歳になった時に、楽しんでるかどうかを私に教えに来て欲しい」

等々、全員がそれぞれに素晴らしくて、全員分のを書き残したいくらいでした。

席順の関係ではからずも祝辞のトリが私だったのですが、私も祝辞がある、という話を会場についてから知ったという…。
焦りましたが、たまたま退学生の皆様にあとで渡そうと思って手紙を書いていたので、それを祝辞として読ませてもらいました。
自分、マジグッジョブ。

で、この祝辞を読む間に、再び涙腺がやばいことに。
私は退学生達の母親でもなければ親族でもなく、演劇を通じて知り合った人というだけなのに、熱く胸にこみあげてくるものが確かにあって、自分が高校生だった時、あるいは20歳前後だった時、こんな風に人と関わる未来があることなんて想像もしていなかったこととか、これは自分勝手な感傷で感動かもしれないと思いつつ、まいた種が発芽して茎をのばし、花を咲かせるプロセスを見ることに理屈のない喜びを感じるように、今日の式を自分たちで企画して、これだけの人を招いて、力も借りて実現した退学生達が前に立っていることにどうしても心が動いてしまって、自分の卒業式や成人式でも、泣きたい気持ちになんか一度もならなかった私にしては、大変大変珍しいことに、泣きそうでした。
羞恥心が勝って泣きませんでしたが、泣いてもよかったかもしれないな、と今になって思います。

ちなみに、祝辞を述べた後に礼をしたら、広すぎる帽子のつばがマイクにぶち当たるというコントみたいなことが起きて、別の意味で泣きそうになりました…。

その後、退学生の後輩からの送辞と、3人の退学生からの答辞があり、式典の形式にはのっとっていなくても、美辞麗句がなくても、それぞれの真実のある言葉で書かれているものですごくよかったです。

退学生の一人の答辞内容が以下のリンクから読めます。すごくよい内容なので読んでみてください。
https://momonnu.hateblo.jp/entry/2020/03/20/182520?fbclid=IwAR09RBOIAtsxi0iXzqQ-nTRt02m-aeStFWqUg4XtZu6k8JN26AliZ_UToas



退学式の後は、桜の下で皆と写真を撮らせてもらったり、スタジオについていったら綺麗なカメラで素敵な家族写真(偽)を撮影してもらったり、私にとっても忘れ難い退学式になりました。





退学生の皆様、本当におめでとうございます。
皆様がどこにいて何をしていても、幸せをお祈りしています。

スポンサーサイト



2020-03-29 : 日々 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

ものを書く縮小 劇作家のモスクワカヌです。
短編・音楽劇・ラジオドラマ・Webコラム等を書いております。 ペンネームの由来は、以前住んでいた某首都+本名。
演劇ユニット「遊戯ヱペチカトランデ」の主宰もしてますが。団体は現在お休み中です。
HP:「遊戯ヱペチカトランデ」
BLOG:「дача берёза ダーチャ・ベリョースカ」
劇団劇作家所属。劇作家女子会。メンバー
お問い合わせはyugi.mw☆gmail.com(☆を@に変えてください)にお願いします。

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

前回の公演

遊戯ヱペチカトランデ
第弍回公演

MGトリコロール縮小
Musical
Mademoiselle Guillotine
~マドモアゼル・ギロティーヌ~

strong>2013/9/5(木)~9/9(月)@日暮里d-倉庫
詳細はこちらから。

過去の公演

公演は無事終了しました。ご来場ありがとうございました。

☆作家/演出として参加。

劇作家女子会×時間堂presents
劇作家女子会!
期間:2013年6月13日(木)~16日(日)
※演劇公演です。
会場:王子小劇場
女子会縮小版 劇作家女子会!HP
劇作家女子会!BLOG
遊戯ヱペチカトランデ公演
「The Giris next Door」
~おんなの子、
藪をつつけば、蛇がでる。~


2011年12/8(木)~12/12(月)
公演の詳細はこちらから。

趣向ワカヌ公演
縲発表表縮小版

「発表~いま、ここ。~」
まだ、ゆれてる。

作/演出
オノマリコ モスクワカヌ
演目/出演
リーディング『いま、ここ』
公演の詳細はこちらから。

蜻蛉玉チラシ完成縮小
「蜻蛉玉遊戯」
2010年9/1(水)~9/5(日)
公演情報はこちらから。

☆演出助手として参加。

2013年3月23日~27日
@座・高円寺
世の中と演劇するオフィスプロジェクトM
「ハルメリ2013」
台本:黒川 陽子
演出:丸尾 聡

2011年8月27日~28日
@スペース・ゼロ
非戦を選ぶ演劇人の会
「核・ヒバク・人間」
構成台本:非戦を選ぶ演劇人の会
演出:鵜山 仁

2011年3月9日~15日
@中野テアトルBONBON
オフィスプロジェクトM
「死刑執行人~山田浅右衛門とサンソン~」
作演出:丸尾 聡

2010年12月
北京蝶々「あなたの部品 リライト」
作:大塩 哲史
演出:黒澤 世莉(時間堂)
詳細はこちらから。

検索フォーム

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR