FC2ブログ

喜多見駅近くの隠れ家的?焼き鳥屋。「鳥力中央研究所」にてひよこを食べる話その2.

雪景色の中。夜を歩いて帰宅。雪が足首まで積もってる。
モスクワにしろ祖母の実家にしろ、私のなかの温かい思い出が多い場所は、雪がよくふるところが多い。
桑原なおさんが「大根おろし」といったシャリシャリの雪が靴のなかまでしみこむのは勘弁だが、雪がふるとわけもなく嬉しいのは個人的な楽しみだという気がして、その嬉しさが好きだ。

さて、さかのぼること数日前、そのなおさんと私でくりだした、喜多見駅近くの隠れ家的?焼き鳥屋「鳥力中央研究所」。

未知の食物、「ひよこ」を頼んだ私たち。
てっきり目の前で焼かれている、丸々と美味しそうな鳥の丸がそれだと思ったら・・・・。
私「あれ・・・。」
美味しそうな鶏肉は、別のテーブルへ。
そして調理担当している兄ちゃんがおもむろに金網の上に並べ出した、2つ、いや2羽のそれは・・・。

私「ひよこってあれですね・・・。」
なお「うん・・・。」
私「ていうかめっちゃひよこじゃないですか・・・・。」

そう。私たちが注文した「ひよこ」。読んで字のごとく、「ひよこ」。紛うことなき「ひよこ」。
小憎らしい鶏に進化する前のピヨピヨと愛らしいそれが・・・

めっちゃ目の前で焼かれている。

羽をむしられた丸裸なフォルムが、自身が「ひよこ」であることを、これからそれを食す私達に付きつけてくる・・・・・。
こんがり焼かれて、皿の上にのせられる2羽。

私「思ってたより、もろにひよこですね。」
なおさん「そうだねえ。私、頭からいこうかな。」
私「じゃあ、私は尻から・・・・・。」

小さな体は骨まで丸ごと食べられる。お味のほうは・・・・「これも経験」って感じです。ひよこだし。
※一応注釈をいれますと、この「鳥力中央研究所」の、いわゆる普通の焼き鳥はどれも美味しかったです。レバーもくさくなくてぷりとろ。あとたまたま店にいたお客さんにすすめられたうどんも美味しかった。

「ひよこ」を前から後ろから、小骨までバリバリと噛み砕いて食べていると、なんだか普段は意識しないこと、
「ああ、命喰ってる」
という身体の感覚がくっきりしてくる。生肉をたべたときに似ているかもしれない。でも私が普段口にする肉は、どこかで誰かに殺され、解体され、きれいに切り分けられて店に並んでいるから、それが牛だの豚だのだったりしたことは、頭ではわかるけれども、体にせまってこない。
「ひよこ」だと、この肉が生きていたということ、が、ずっと近い感じがする。

中学生のころ、社会の授業の自由研究で、とさつ場で働く人に興味を持ち、取材しようとしたことがある。
結局、どこへ聞けばそういう仕事の人たちに会えるかわからず、近所の福祉施設を取材したのだけれど、その時読んだ資料のなかで、いわゆる「とさつ」は卑しい仕事で、それに従事する人たちが差別されたりしていることを知り、腑におちない思いをした。
私たちが食べるものを作る仕事を、その人たちが殺してバラシてきれいにしてくれる肉を食べる自分たちが何故蔑むのか、よくわからなかった。
命を奪うという行為にたいする本能的な嫌悪や恐怖?
でも私たちは、自分が食べるために、肉のもとだった生き物を誰かに殺してもらっているし、自分達の安全な社会のために、危険な人間を誰かに殺してもらっている。
今まで誰かにしてもらったとさつを、たとえば自分でやらなくてはならなくなるとしたら、自分は肉食をやめるかな。たぶん食べるだろう。

すごく遠いかもしれないけれど、今回の芝居の「死刑執行人」に、そんなところから思いを馳せつつ、バリバリ食べた。

スポンサーサイト



2011-02-15 : 芝居 : コメント : 2 : トラックバック : 1 :
02/15のツイートまとめ «  ホーム  » 02/14のツイートまとめ
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
古の歴史の真実(追記改稿再投稿)
⇒ひとつ前の記事を読む《2月17日(木)》 山猫合奏団の合わせ。 相変わらずの白石准の勘違い。 それを写している俺も阿呆だな。 ⇒[subcate.枡形城・落日の舞い] ⇒このカテゴリの最初の記事から読む 今...
2011-03-22 11:52 : M.A.P.after 5 情報
コメントの投稿
非公開コメント

こんちわ
モスクワカヌさん。こんど鳥研にご一緒しましょう。
明日、稽古場にて。
2011-03-22 11:52 : たかやままさき URL : 編集
Re: こんちわ
ぜひ、ご一緒させてください。
明日から日曜まで稽古でられないので、また来週にでも。
2011-03-24 01:36 : モスクワカヌ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ものを書く縮小 劇作家のモスクワカヌです。
短編・音楽劇・ラジオドラマ・Webコラム等を書いております。 ペンネームの由来は、以前住んでいた某首都+本名。
演劇ユニット「遊戯ヱペチカトランデ」の主宰もしてますが。団体は現在お休み中です。
HP:「遊戯ヱペチカトランデ」
BLOG:「дача берёза ダーチャ・ベリョースカ」
劇団劇作家所属。劇作家女子会。メンバー
お問い合わせはyugi.mw☆gmail.com(☆を@に変えてください)にお願いします。

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

前回の公演

遊戯ヱペチカトランデ
第弍回公演

MGトリコロール縮小
Musical
Mademoiselle Guillotine
~マドモアゼル・ギロティーヌ~

strong>2013/9/5(木)~9/9(月)@日暮里d-倉庫
詳細はこちらから。

過去の公演

公演は無事終了しました。ご来場ありがとうございました。

☆作家/演出として参加。

劇作家女子会×時間堂presents
劇作家女子会!
期間:2013年6月13日(木)~16日(日)
※演劇公演です。
会場:王子小劇場
女子会縮小版 劇作家女子会!HP
劇作家女子会!BLOG
遊戯ヱペチカトランデ公演
「The Giris next Door」
~おんなの子、
藪をつつけば、蛇がでる。~


2011年12/8(木)~12/12(月)
公演の詳細はこちらから。

趣向ワカヌ公演
縲発表表縮小版

「発表~いま、ここ。~」
まだ、ゆれてる。

作/演出
オノマリコ モスクワカヌ
演目/出演
リーディング『いま、ここ』
公演の詳細はこちらから。

蜻蛉玉チラシ完成縮小
「蜻蛉玉遊戯」
2010年9/1(水)~9/5(日)
公演情報はこちらから。

☆演出助手として参加。

2013年3月23日~27日
@座・高円寺
世の中と演劇するオフィスプロジェクトM
「ハルメリ2013」
台本:黒川 陽子
演出:丸尾 聡

2011年8月27日~28日
@スペース・ゼロ
非戦を選ぶ演劇人の会
「核・ヒバク・人間」
構成台本:非戦を選ぶ演劇人の会
演出:鵜山 仁

2011年3月9日~15日
@中野テアトルBONBON
オフィスプロジェクトM
「死刑執行人~山田浅右衛門とサンソン~」
作演出:丸尾 聡

2010年12月
北京蝶々「あなたの部品 リライト」
作:大塩 哲史
演出:黒澤 世莉(時間堂)
詳細はこちらから。

検索フォーム

FC2アフィリエイト

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR